女性ホルモンを増やす、エストロゲンを増やすには女性ホルモンを増やす食べ物(植物性エストロゲン様物質を含む食物)をとるのが効果的です。ザクロの種子には、女性ホルモン様物質がたっぷりと含まれています。 女性ホルモンを増やす、エストロゲンを増やすためクィーンズザクロをオススメいたします。

  トップページ ≫ 女性ホルモンを増やす、エストロゲンを増やすには…
女性ホルモンを増やす、エストロゲンを増やすには…

女性ホルモンを増やす、エストロゲンを増やすには女性ホルモンを増やす食べ物(植物性エストロゲン様物質)を摂ることが効果的です。






女性ホルモン(植物性エストロゲン様物質)を含む食べ物には、ザクロ種子、ナツメヤシ
の花粉、 ナツメヤシ種子、ヤシ仁等があります。これらのの植物のなかでエストロゲン含有量の一番多いものが 「ザクロ種子」です。

ザクロ種子にもっとも多く含まれる植物性エストロゲン様物質は、人間の女性ホルモンと化学構造が棒1本の違いもなく、全く同じなのでザクロジュースを飲むこと により、減少する女性ホルモンを補うと考えられています。

以下に女性ホルモン(エストロゲン)の働きや女性ホルモンが減少した場合の症状、女性ホルモンを補う、食べ物について具体的ご説明いたしております。

更年期の様々な症状でお悩み方に、女性ホルモンを増やす(エストロゲンを増やす)効果があるとされる「ザクロ種子」を使用した「クィーンズザクロ」をオススメいたします


女性ホルモン(エストロゲン)は、心と体の若さを保つために様々な
働きをしてくれます。


体の内分泌腺から分泌されるホルモン量はごく微量ですが、これが
血液の中に入って体のすみずみまで運ばれています。


女性ホルモン(エストロゲン)の主な働き

1
皮膚の水分を保ち真皮のコラーゲンを再生し肌に潤いやハリのあるお肌をつります
2
髪の抜け毛を予防します
3
乳房がはって女性らしい丸みのある体をつくります
4
エストロゲンは閉経後の肥満を抑制します
5
卵巣内の卵胞を成熟させて排卵、受精に備え活発にします
6
受精卵が着床しやすくなるように子宮内膜をあつく妊娠出産に作用します
7
尿失禁を予防改善します
8
自律神経を安定させ気持ちを明るくします
9
エストロゲンのおかげでカルシウムを吸収でき骨量を増やします
10
エストロゲンはコレスレロールをおさえます(心臓病、高血圧動脈硬化を防ぐ) 

女性ホルモンを増やす、エストロゲンを増やすには… 女性ホルモン(エストロゲン)は40歳頃まで活発に分泌されます。
(個人差によります)


女性ホルモン(エストロゲン)は若さを保つために様々な働きをしてくれますが、40歳を過ぎた頃から急激に減少していきます。



女性ホルモン(エストロゲン)低下の症状

1
コラーゲンの量が減り、みずみずしさやハリが失われる
2
ふくよかさが減少する
3
髪が抜けたり細くなる
4
自律神経が不安定になりのぼせや発汗(ホットフラッシュ)肩こりなどの自律神経失調症状が出る
5
不眠 イライラや鬱(うつ)などの不安症状があらわれる
6
笑ったり、咳やくしゃみで尿が漏れる(尿失禁)
7
肩こり、関節痛、腰痛などが起こりやすくなる
8
女性の心筋梗塞などは閉経10年後ぐらいから多くなる

女性ホルモン(エストロゲン)が欠乏すると お肌の老化 乳房の下垂や萎縮、髪の薄毛、肌の乾燥、細かいシワの原因となります。

女性ホルモン(エストロゲン)の低下による症状
小児期 8〜9歳頃 女性ホルモンの分泌が始まります。
思春期 10〜18歳頃 女性としての体の基礎ができます。
成熟期 18〜29歳頃 女性ホルモンの分泌がもっとも盛な時期(ピーク)です。
成熟期 29〜42歳頃 女性ホルモンは次第にゆっくり減少してきます。
更年期 42〜58歳頃 卵巣機能が低下し更年期を迎えます。
老年期 58〜80歳頃 閉経を境に女性ホルモンの分泌は無くなります。


女性ホルモン(エストロゲン)ができる、卵巣が一番大きいと言われる24歳前後の
卵巣の大きさは、
にわとりの卵の黄身ぐらいあると言われています。
24、5歳の排卵前の女性ホルモン量は、平均して200〜300ピコグラムぐらい
です。
それが、40歳過ぎ閉経の準備を始めると、
卵巣の大きさはうずらの卵の黄身の
半分
ぐらいの大きさになります。いわばエストロゲンを造る工場が閉鎖されてしまった
ようです。 更年期以降のエストロゲン量は、5ピコグラム以下になります。
男性でも平均して、20ピコグラム前後出ているので、女性は男性以下になります。

ザクロ種子にもっとも多く含まれる植物性エストロゲン様物質は、人間の女性ホルモンと化学構造が棒1本の違いもなく、全く同じなのでザクロジュースを飲むこと により、減少する女性ホルモンを補うと考えられています。女性ホルモンを増やす(エストロゲンを増やす)ためにクィーンズザクロを是非、お試しください。



女性ホルモンを増やす、エストロゲンを増やすには…
生理のつらさ、冷え性、肩こりの原因は?
生理不順や生理痛のほか、冷え性や肩こり、疲れやすいなどのお悩みの原因は女性ホルモンが関係しているかもしれません。 女性ホルモンは女性の体にとても大切なものなのです。
女性ホルモンを増やす、エストロゲンを増やすには女性ホルモン様物質を含んだザクロ種子まで丸ごとをたっぷり入れたザクロジュースがオススメです。 ご注文はこちら

お買い物はこちら

 
PageTop


クィーンズサクロ(ザクロジュース)トップ若々しさのヒミツ不妊について更年期について女性ホルモンを増やす、エストロゲンを増やす
種子が丸ごと入ったザクロジュースとは8つのこだわり成分分析結果ざくろジュースが出来るまで歴史/絵画に描かれたザクロ
おいしいレシピメディアに紹介されましたクィーンズザクロ通信お客様の声よくあるご質問
ショッピング2回目以降のご注文の方全国取扱い店マップ
会社概要(特定商取引法)社会貢献活動について個人情報の取扱いについてお支払・送料についてお問合せ

Copyright(C) 2005 QueensZakuro All rights reserved.